茶道と絃の粋なコラボ!?

三十年にわたり現在進行形の邦楽文化の情報・発信を続けている月刊誌『邦楽ジャーナル』にて、和楽器百人堂店主・水本真聡によるコラム『百人町捕物帳〜和楽器よもやま噺』 が連載中です。和楽器にまつわる小咄・エピソードを少しマニアックな解説を盛り込みながらご紹介しております。

 

邦楽ジャーナル10月号(表紙:北山たけし)では、茶道の好み物として製作された松竹梅板三味線について(P35)。是非ご購読ください。

 

 

 

 

 

現在、和楽器百人堂では現在、津軽三味線2丁と地歌三味線1丁をご用意しております。(10月12日現在)

 

店頭にて、お試し弾き出来ます。

 

地歌三味線 トチ入り花梨棹 

 

津軽三味線 紅木棹 本象牙糸巻き

 

津軽三味線 紅木棹子持ち綾杉彫胴 

 

和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20時 (毎週水曜休み)

お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も空いてますのでオススメ)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック