メロディを持たない笛

三十年にわたり現在進行形の邦楽文化の情報・発信を続けている月刊誌『邦楽ジャーナル』にて、和楽器百人堂店主・水本真聡によるコラム『百人町捕物帳〜和楽器よもやま噺』 が連載中です。和楽器にまつわる小咄・エピソードを少しマニアックな解説を盛り込みながらご紹介しております。

 

現在、発売中の邦楽ジャーナル5月号(5月1日発売/表紙:山本邦山・青木鈴慕)では、メロディを持たない日本固有の笛をとりあげました。

邦楽ジャーナルを是非ご購読ください。

 

 

現在、和楽器百人堂では古管を中心に能管を随時ご用意しております。試奏大歓迎です。


和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20時 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分


いい塩梅で吹かないと清少納言に「やかましいっ」!!って言われちゃいます( ̄ー ̄;)

三十年にわたり現在進行形の邦楽文化の情報・発信を続けている月刊誌『邦楽ジャーナル』にて、和楽器百人堂店主・水本真聡によるコラム『百人町捕物帳〜和楽器よもやま噺』 が連載中です。和楽器にまつわる小咄・エピソードを少しマニアックな解説を盛り込みながらご紹介しております。

 

現在、発売中の邦楽ジャーナル4月号(4月1日発売)は、清少納言も苦言を呈した雅楽器、篳篥(ひちりき)について

邦楽ジャーナルを是非ご購読ください。

 

 

現在、和楽器百人堂では篳篥を数管ご用意しております。リードをご持参頂ければ、試奏大歓迎です。

和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20時 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分


一噌幸弘プロデュース 〜能楽堂へ行こう2016 第三弾〜能管空乱

一噌幸弘プロデュース

〜能楽堂へ行こう2016 第三弾〜

 

一噌幸弘氏プロデュースによる「能楽堂に行こう」2016年度第三弾

 

「能管空乱」

2016年9月28日(水) 開場18時半 開演19時

セルリアンタワー能楽堂(渋谷)

場所:セルリアンタワー能楽堂(渋谷)

出演者:
一噌幸弘(能楽笛方、能管、篠笛、田楽笛、つの笛、リコーダー)
観世喜正(能楽観世流シテ方)

山田路子(能管、篠笛)
武田朋子(能管、篠笛)
加藤俊彦(能管、篠笛)
小濱明人(尺八)
水谷川優子(チェロ)
瀬尾高志(コントラバス)
柿原光博(能楽大鼓)
吉見征樹(タブラ)
藤舎呂凰(邦楽打楽器)


チケット発売日:2016年7月5日(火)

チケット料金:
S席正面指定席¥6,500
A席脇正面指定席¥5,500
B席中正面自由席¥4,500

チケット申し込み:
イープラス
http://eplus.jp/sys/main.jsp
カンフェティ  
TEL:0120-240-540(平日10時から18時)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=33873&
                       

お問い合わせ:幸弘の会  e-mail:   info@issoyukihiro.com

tel:   080-5092-6596(平日10−17時)

主催・企画・制作:幸弘の会

 

和楽器百人堂プレゼンツ特集ページ〜能囃子の秘密

和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20時 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分


煤竹神楽笛(かぐらぶえ)を取り揃えました!!

煤竹神楽笛(かぐらぶえ)を取り揃えました!!

和楽器百人堂の煤竹の神楽笛(かぐらぶえ)在庫、四管をご紹介致します。(平成28年2月23日現在の在庫状況です。年間を通じて神楽笛の入荷数は少ないため、お問い合わせ・ご来店迄に販売済みとなっている場合がございます。予めご了承ください。)

宮中に伝承する神楽歌の演奏に使用する神楽笛(かぐらぶえ)は、長さは一尺五寸(45.45センチ)前後あり、雅楽で用いる笛のなかでもっとも長い笛です。別名を太笛と呼ぶ場合もありますが、実際には太いワケではなく、竜笛と高麗笛の中間くらいの太さ。指孔は六つ。竜笛のように表皮を剥いだり、猫掻き(滑り留めの細筋)などがない端正な姿が特徴ですが、例外もあります。

煤竹籐巻き 明治期製作品

煤竹籐巻き 昭和期製作品

煤竹籐巻き 明治期製作品

煤竹(人工燻竹)籐巻き 平成期製作品

和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3


歴史的逸品から近年の名管まで能管を多数取り揃えております!!


明和時代、徳川幕府に提出された『七十種銘管録』に掲載されたうちの一管、宜竹(ぎちく)作 能管『獅子丸』を筆頭に、江戸期の古管、昭和の名笛師、林豊寿(ほうじゅ)氏・天野玄竹など逸品、お値頃価格のご奉仕品まで、取り揃えております。

古管から新管まで、これだけの数の能管を吹き比べて、選べる機会は滅多にありません。

是非、ご利用ください。

伝 宜竹作 獅子丸 



和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3


明和年間徳川家書上ゲ『七十種銘管録』掲載の歴史的能管

宜竹(ぎちく)作 能管『獅子丸』


明和時代、全国の大名・名家が所有する能管の名管を纏め上げ、徳川幕府に提出された『七十種銘管録』に掲載されたうちの一管。


作者は尺八、一節切等の製作でも名を馳せた宜竹(ぎちく)。当時の所蔵は津軽家との記載があります。


時期は定かではありませんが、明治期には京都六角の名家にて所蔵されていました。


通常は博物館等に寄贈されるべき類の品であり、一般販売される機会は殆どありません。


和楽器百人堂

03-5386-4566

wagaku@tcgakki.com

営業時間:11時〜20 (毎週水曜休み)

東京都 新宿区 百人町1丁目 11-29 ARSビル1F

JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3


2014楽器フェア出店記念〜能管・竜笛フェア!!


2014年楽器フェア出店記念


能管祭り開催!!


江戸時代の古管から昭和の名工製作品まで。


価値ある名管・良管を取り揃えました。


良い管はお早めに!!


楽器フェア会場でお待ちしております。


伝説の笛師、天野玄竹作

能管(のうかん)煤竹天蚕糸巻


江戸時代作の能管古管

能管煤竹櫻樺巻



江戸時代作の能管古管

能管煤竹籐巻き



明治〜大正期作の能管

能管煤竹籐巻き


大正〜昭和初期作の能管

能管煤竹籐巻き


大正〜昭和初期作の能管

能管煤竹櫻樺巻き


能管煤竹籐巻き


@こちらの商品は2014楽器フェア(11月21〜23東京ビッグサイト)出品商品となります。新大久保百人堂店舗への展示は楽器フェア終了以降となります。予めご了承くださいませ。 



和楽器百人堂
03-5386-4566
営業時間:11時〜20時 (毎週水曜定休)
お店の場所:JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分
東京都新宿区百人町1丁目11-29ARSビル1F

2014楽器フェア初出品〜いにしえの竜笛、“凜風丸”

竜笛古管 銘 凜風丸


江戸中期以前に製作されたと思われる竜笛古管。煤竹に籐巻き。唄口は現代の平均的な新管竜笛と比べるとやや大きく、指孔間の谷刳りは経年使用による変化もあり深め。



銘 凜風丸の金蒔絵が記された漆塗笛筒と錦袋、木箱入。


二百年以上経過している笛としては、極めて良好な状態が保たれていたため、当方での調整は頭内部の鉛錘りの弛み留めと唄口内の蜜蝋入れ替えの調整のみ。




長い年月をかけて、吹き継がれてきたい笛だけに備わる陰影豊かな柔なな音色をご堪能戴けます。


@こちらの商品は2014楽器フェア(11月21〜23東京ビッグサイト)初出品商品となります。新大久保百人堂店舗への展示は楽器フェア終了以降となります。予めご了承くださいませ。 



和楽器百人堂
03-5386-4566
営業時間:11時〜20時 (毎週水曜定休)
お店の場所:JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分
東京都新宿区百人町1丁目11-29ARSビル1F

2014楽器フェア出品〜門外不出の三浦琴童作、延尺八寸管見参


琴童銘 延尺八寸管

琴古流製管師、三浦琴童が生涯三管のみ完成させた延べ管(継無管)



通常、製作が困難とされている延べ管です。音色・バランスともに優れた尺八を製作することに長けていた琴童氏でさえ、生涯のなかで延管を完成させたのは三管のみ。そのうちの一管がこちら。




 由来書に記載の通り、由緒正しい愛好家の方の手を渡り保管されてきた逸品です。現存する琴童延管を目にする機会は極めて稀です。まして入手出来るとなると、間違いなく、これが最初で最後となるでしょう。



和楽器百人堂
03-5386-4566
営業時間:11時〜20時 (毎週水曜定休)
お店の場所:JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分
東京都新宿区百人町1丁目11-29ARSビル1F


能楽堂へ行こう2014〜に行ってきました!!

能楽師一噌流笛方 一噌幸弘プロデュース“能楽堂へ行こう”2014 


能楽堂という日本が世界に誇る素晴らしい劇場空間を、もっと沢山の方々に楽しんで頂きたいとの思いで一噌幸弘氏が始めた企画公演。今年は千駄ヶ谷の国立能楽堂で合計4回の公演が開かれます。


昨夜4月28日第一夜「舞と管弦楽 百花繚乱」に和楽器百人堂店主も足を運ばせて戴きました。


出演は、一噌幸弘をメインに、武田朋子・山田路子の笛二管、吉野弘志ウッドベース、邦楽打楽器の望月太喜之丞、そして、宝生流シテ方の佐野登。


曲目ごとにデュオ、トリオ、アンサブルと多様な構成で進行。さらに重厚な宝生流の舞と謡いが加わりますと、舞台のテンションもひと際高まります。舞と囃子の相乗効果は凄まじく、変幻自在なイマジネーションが堰を切ったように能舞台から溢れてきました。

9曲目と意表を突いたアンコール1曲。あっと云う間の2時間。

これは2回目以降も期待させられますね。


今後の公演予定は以下の通り。


是非、国立能楽堂まで!!


第二夜「替ノしらせ」5月30日(金)

一噌幸弘(能管・しの笛・田楽笛・リコーダー・角笛)

壷井彰久(ヴァイオリン)

小山豊(津軽三味線)

吉見征樹(タブラ)

望月太喜之丞(邦楽打楽器)


第三夜「舞と管弦楽 東洋と西洋」7月24日(木)

一噌幸弘(能管・しの笛・田楽笛・リコーダー・角笛)

山井綱雄(能楽金春流シテ方)

太田惠資(ヴァイオリン)

水谷川優子(チェロ)

望月太喜之丞(邦楽打楽器)


第四夜「舞と管弦楽 いちこつにたん」9月26日(金)

一噌幸弘(能管・しの笛・田楽笛・リコーダー・角笛)

観世喜正(能楽観世流シテ方)

小山豊(津軽三味線)

望月太喜之丞(邦楽打楽器)


チケット申し込み

幸弘の会

web予約 http://www.tohyohyo.com/




笛・高麗笛古管 銘“蔦丸・白菊”
03-5386-4566
営業時間:11時〜20時 (毎週水曜休み)
お店の場所:JR山手線新大久保駅から徒歩2分、大久保駅南口から徒歩3分
東京都新宿区百人町1丁目11-29ARSビル1F

百人堂プレゼンツ特集ページ〜能囃子のすべて




ビル1Fの路面店ですが、通りから、やや奥まった場所に位置しており、店内は表通りの賑やかな喧騒から隔離された落ち着いた雰囲気。
中古市場はもとより一般の和楽器店でも殆ど取り扱われることのない笙や篳篥、龍笛などの雅楽器や鼓、琵琶などの博物館展示クラスの逸品を品揃え。すでにプロ奏者や愛好家の方々からご好評を戴いておりましたが、ゆったりとした空間で、楽器選びをお楽しみ戴けます。試奏室も完備しておますので、ご希望の方は常時御利用戴けます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。